© 2016-2018 Cutlure-ville, LLC

  • Facebook App Icon
  • Twitter App Icon

​『レッツ・プレイ・トゥー』

パール・ジャム x シカゴ・カブス at リグレー・フィールド

日本劇場公開 予告編

 あのシカゴ・カブスが歴史的なワールド・シリーズ・チャンピオンに輝いた2016年の8月20日、22日にシカゴ・カブスの本拠地リグレー・フィールドで行われたパール・ジャムの伝説的な完売ライブを捉えたドキュメンタリー映画『レッツ・プレイ・トゥー』がついに日本劇場公開決定!

 

 パール・ジャムのボーカルであるエディ・ヴェダーにとってシカゴはホームタウンであり、パール・ジャムとシカゴ、そしてシカゴ・カブスやリグレーとの関係はスポーツと音楽業界において前例がないほどの密な関係を築いてきました。本作は、『Ten』から『ライトニング・ボルト』に至るまで、パール・ジャムのこれまでの曲を振り返られる、彼らの25年のキャリアの集大成と言って過言じゃない作品となっています。

 監督ダニー・クリンチの視点とパール・ジャムの声を通じて、映画はパール・ジャムの音楽で結ばれたカブスとパール・ジャム、そしてカブスとパール・ジャムに沸き、感動し、涙するファンたちの強い絆を映し出している。


 ”僕の映画と写真を通じて、バンドやファンたち、そしてその地域の関係を描き出したかった。映画の主役がパール・ジャムとシカゴ・カブス、彼らのファンであり、歴史的瞬間を経験したリグレー・フィールドだということだけで、この映画が傑作になることを約束していると思った。そしてその直感は正しかったよ。結果的にワールドシリーズ7試合を経て108年ぶりのシカゴ・カブスが優勝という未来に語り継がれるイベントを捉えることになったのだから。僕はこの経験から予期せぬ自体を楽しむことを学んだし、備えあれば憂いなしということも身をもって体験した。”  (監督ダニー・クリンチ)