© 2016-2018 Cutlure-ville, LLC

  • Facebook App Icon
  • Twitter App Icon

セルゲイ・ディアギレフ生誕145周年 特別上映

パリ・オペラ座 2009年公演『バレエ・リュス』

​いよいよ鹿児島ガーデンズシネマに登場!

 1909年、当時のバレエ界に革新を起こし、今のバレエのあり方にも多大な影響を残した「バレエ・リュス」が結成されました。「バレエ・リュス」はロシア出身芸術プロデューサー、セルゲイ・ディアギレフが主宰したバレエ団で、バレエダンサーだけでなく、20世紀を代表する作曲家や芸術家(ピカソ、マティス、コクトー、シャネル、ローランサン、ブラック)などを取り込み、バレエと美術・ファッション・音楽を融合した新たなバレエの価値を生み出しました。「バレエ・リュス」誕生から100年を迎えた2009年、世界各地で記念公演が行われ、その年の12月にパリ・オペラ座で公演された「バレエ・リュス」100周年記念公演がこのたび映画館のスクリーンに甦えります!
 豪華なダンサーが舞う珠玉の4プログラム『ばらの精』、『牧神の午後』、『三角帽子』、『ペトルーシュカ』を上映。本プログラムは権利の制限でビデオ化されていない作品ですので、映画館でこそお楽しみ頂けるプログラムです。この機会にお見逃しなく!